無添加の白髪染めって染まらないのか口コミはどう?シャンプーの関係は?

白髪染めをした後のシャンプー、実は大事なのです染め残しを気にしたり、短くて長い放置時間が経つのを待ち、手を高く持っていっていたので少し肩がこったりと、何気に大変な白髪染め。
無事に染め終わり、あとはシャンプーをするだけです。
ところで今からするシャンプー、染めた髪にとって非常に重要なのをご存知ですか?傷んだ髪のケアと、染めた色を長持ちさせるには、シャンプーは大切な役割があるのです。
まずは、シャンプーやコンディショナー、トリートメントを「ヘアカラー用」のものに変えましょう。
白髪染めは、薬剤に含まれているアルカリ剤によってキューティクルを強制的に開き、染料を浸透させていきます。
染め終わった状態でもキューティクルは開いたままになっていますので、浸透させた染料が流出することもありますし、髪が傷む原因がそのまま残った状態なんです。
ヘアカラー用のシャンプーやコンディショナーには、白髪染めの薬剤によってアルカリ化した毛髪を弱酸性に戻し、せっかく染めた染料が流れ出ないように作用する成分が入っています。
白髪染めを買うときに一緒に揃えておきましょう。
それでは、シャンプーの流れを見ていきます。
(1)浴室全体をよく塗らしておきます。
白髪染めは直接浴槽や床に付着すると落ちにくい染料です。
薬剤が垂れた時のカバーをする役目になり、髪を洗い流した後に浴室内を掃除する時に楽になります。
(2)しっかりすすぎます。
ぬるま湯でしっかりとすすぎ、表面の薬剤を落とします。
薬剤が残ったままだと、アルカリ成分の影響でキューティクルの戻りが悪くなり、結果的に色落ちや髪の傷みにつながります。
すすいでるお湯から色が消えるまでしっかりと洗い流してください。
(3)2回シャンプーをします。
シャンプーはあらかじめ用意しているヘアカラー用の物を使いましょう。
しっかりと髪を弱酸性に戻して、染料の流出や髪が傷むのを防ぐためです。
あらかじめ手のひらで泡を作ってから髪になじませてやさしくシャンプーをしましょう。
こうすることによって、キューティクルが開いた髪が直接こすれて傷める事を抑えることができます。
しっかり薬剤を落とすために、シャンプーは2回行いましょう。
(4)コンディショナー、トリートメントを使って整えます。
キューティクルを正常に戻すため、色持ちを良くするため、髪が痛むのを防ぐためにとても効果があります。
白髪染めを行っている間は、ヘアカラー用のシャンプーやコンディショナーを使うようにしましょう。
無添加白髪染めは染まらない?色落ちしちゃうってホント?